同乗者の保険について

同乗者の事故でも保険治療ができます!

同乗者にも自賠責保険は適用するの?

助手席や後部差席の方の交通事故の補償は知らない人も多いです。自賠責保険が適用されるので、痛みをとるために通院しましょう。身体の痛みは運転席よりもひどい症状の可能性があります。

助手席、後部座席の方は運転手よりも危険を予測出来ないので、よりひどい症状に悩まされる確立が高いのです。予期せぬ衝撃に首は頭を庇い、首の筋肉が固まり、むちうち症状が重いケースもあります。自賠責保険を使い、身体の痛みを改善しましょう。

同乗者の事故はリハビリで!

交通事故に遭い、同乗者も自賠責保険が適用されることを知らずに、痛みを我慢される方がいます。交通事故に遭うことを運転手より予期しにくい同乗者は、追突された場合の衝撃が酷く、身構えることも出来ません。

腰痛だけではなく、首の骨、背骨、骨盤がゆがんでいることもよくあります。病院でレントゲンを撮ってもらい、骨折の有無などを調べ、検査をしっかりとして、新潟市江南区さとう鍼灸接骨院でリハビリしましょう。当院はリハビリに力を入れています。

むちうちの痛みが慢性化して何年か経つ方もよくいらっしゃいます。当院のリハビリの目的は骨格から根本改善して、慢性化した痛みがあり整骨院・接骨院ジプシーをしている人に卒業して頂くことです。痛いから通院する、痛みが改善ししばらくしてから通院するの繰り返しでは、痛みの根本改善に繋がりません。

自賠責保険が適用するうちにしっかりと当院で骨格調整、ポインターや手技で骨のずれを整えたり、電気治療器でひとりひとりの痛みに合わせた方法で用いたり、その痛みに対して沢山の解決法を持っています。リハビリして骨格や筋肉を調整し、根本から改善しましょう。

お問合せはこちら

tel:0253848316

topへ戻る